転職回数はごまかせる? 正直に書かないのもテクニック?

check 40代の転職の情報収集~情報を制するものがすべてを制する~

転職の回数が多いことに悩んでいませんか?

ごまかして入社するのはアリ?

転職回数が多くなると、それを隠したくなりますよね?

私もそうでした。特に1回目の転職に失敗したあとは、これ以上履歴書を汚したくないと、再度の転職を躊躇しました。

転職歴は、そりゃあ少ない方がいいです。これは、かなり業界にもよるとは思いますが、大手や老舗の企業などでは、いまだに転職歴が少ないことを重視していることもあります。

日本橋の老舗企業の募集に、転職エージェントに声を掛けてもらったことがあります。決め手は転職歴の少なさでした。

そこで、転職歴をごまかして応募したい。となるわけですが、これは当然やらないほうがいいです。そりゃそうです。絶対にダメです。最悪入社後に「解雇」の可能性もあります。

ですが。絶対にダメなんですが、ごまかして入社するのはある意味アリかもしれません

※※あくまで私見です。オススメをしているわけではありません。※※

転職歴十数回の50代の強者

ある企業に入社したとき、同期に50代の方がいらっしゃいました。その方は、本当は転職歴十数回だったのですが、その会社に入るのに、プラスになりそうな会社だけ、履歴書に書いたとのことです。今まで何度もそうしてきたし、それで問題になったことはないとのことでした。

確かに、経理部門の人はそのことに気づくことがあると思います。ですが、そういう部門の人が面接に携わっていることは少ないでしょう。また、わかったとしても、わざわざエラい人に進言することも稀でしょう。

さらには、個人情報保護法の影響もあります。以前は、その会社に電話して、在籍を確認をしていたような時代もありましたが、今ではそれはできません。もし正直に答えたりしたら、とんでもないことになりますので。

入社後は、当然能力で見られる

実際その方は、その経験を生かし、それなりの仕事をこなしていました。いまさら転職歴について言われたとしても、解雇などありえない存在感を発揮していました。つまり、入ってしまえば、能力で見られるわけです。

「経歴詐称でもめたり、辞めさせたりして、また募集するなんて、そんなめんどくさいことは会社はやらない。ちゃんと働いて、成果を示していれば。」その方の言葉です。兄貴カッコよすぎっす。

転職歴より大事なこと

意外と会社は気にしていない!?

大企業などでは、そうはいかないでしょうが、中小ならバレない、問題ないことがほとんどではないかと思います。

免許を確認することなく、運転をさせられるなんて、よくある話です。みなさんも、持っている資格をちゃんと確認されたことってありましたか?

私は、一度不採用になった会社に、再度応募して入社したこともありますが、一回目の応募のことなんて、面接した本人すら覚えていませんでしたよ

職務経歴書の年月を間違えて提出したこともあります。1年間違えて記入してしまいました。1年なにもしていなかったことになってしまいます。これも気づかれませんでした。

※※繰り返しますが、オススメをしているわけではありません※※

無駄なことに悩まない

あくまで私個人の考えです。当然賛否はあるかと思いますし、経歴の詐称はやってはいけないことです。

ですが、転職歴の多さだけでネガティブになってしまい、前向きな一歩を踏み出せないくらいなら、ひとつの考え方として、 開き直るのもアリではないでしょうか?

悩んで解決できることなら、いくらでも考えればいいでしょうが、悩んだところで変わらないことなら、考えるだけ無駄です。時間がもったいないです。

転職歴より、あなたがどういう人物で、どういう能力があるのか、その方がよっぽど大事だと思いますよ。そちらのアピールに時間を割きましょうよ。


コメント

タイトルとURLをコピーしました