清掃業界はブラック!? 現実に求められているのは、ただの作業員

Cleaning-staff ブラック企業の体験談~この目で見てきた底辺職~

清掃業界に長く勤めた経験から見た現実

求められているのは、現場の作業員

清掃業の求人、多いですよね。私たち40代でも応募できる数少ない求人のひとつです。でも、清掃業はブラックな職とも、よく聞くし、不安な方も多いと思います。

私は20数年、清掃業界で働いていました。その経験から、結論を言うと、やはり底辺の仕事と言われてしまうのはしょうがないと感じます。

清掃業は、大量の現場作業員が必要です。そして、それを管理する、ごく少数のの管理職と、事務職。こんな構造になっています。

そして、常に人が足りずに、求人が出続けているのは、現場の作業をしてくれる人です。

現場作業員の現実

「掃除」をするわけですから、当然オフィスやお店が開店しているときにはできません。圧倒的に土日や祝日、夜から深夜、あるいは早朝の作業が中心になります。

誰も見ていない深夜の作業、やりがいなんて感じられません。慣れてしまえば単純作業ですし、ただただ、つまらない作業の繰り返しです。

「若いころはよかったけど、40過ぎて急にきつくなったよ」、 時間が不規則で体を壊した、なんて話もよく聞きました。

汚いのは当然ですし、肉体労働です。ポリッシャーや洗剤などの道具はかなり重いです。ある程度体力に自信がある方でないと厳しいでしょう。

なので、若い人がほしいのですが、いくら募集しても来てくれません。作業員の年齢は、上がり続けています。

売上を上げるため、無茶な契約

清掃業界は、クレーム率がすごく高いです。キレイになったかどうかなんて、人の主観ですからね。

さらに、売上をあげることばかり考えている会社では、無茶な作業を受注することが、クレーム率をさらに上げることになってしまっています。

営業マンはキレイな格好で、調子のいいことを言い、低価格で契約してきます。遠かろうが、人がいなかろうが、お構いなしです。

それをこなすのは、現場の作業員です。エライ人からは、「人を工面して、なんとかこなせ」。具体性は何もない、指示とはいえない、ただの「命令」です。

結果、少ない人員で、1日に何件も数をこなさなくていけない状態になるわけです。移動だけで数時間掛かったり、ひとつの現場で、朝9時から早朝4時まで掛かったこともあります。

こんな状態で、「いい仕事」ができるはずがありません。クレーム率は上がるばかりです。

現場の人間ばかりにしわ寄せ

当然パートやバイトも雇っていますが、定着率は低く、すぐに辞めていきます。シフトに入っているのにドタキャンもあります。それを埋めるのは社員です。

バイト君の掃除では、作業が適当だったり、やり残しがあったりと、クレームも多いです。そして、その手直しは社員です。

協力店と称して、地場の小さな会社や、個人事業主とも提携していますが、こちらも作業レベル、技術、スキルはまちまちです。技術のない人に頼めば、クレームとなり、社員が対応することになります。

顧客からの値下げの要求は、この下請けが直撃です。断れば、この先仕事がもらえませんから、のまざるを得ません。当然モチベーションは下がります。作業レベル、品質は下がっていくわけです。そしてクレームに。このフォローも社員の負担となります。

悪い表現ではありますが、清掃業界は、コミュニケーション能力がなく、会社勤めができなくて、しょうがなく個人事業主で清掃業をしている、汚らしいオッサンに頼っている業界。とも言えます。(言い方が悪くてゴメンなさい。高い技術を持つすばらしい職人さんもいっぱいいます。)

清掃業は規模の大小があっても根本は同じ

考えてみてください。清掃業を全国規模で直営でやっている会社は皆無です。数千人規模の管理をしてまでやる旨味がない業界なんです。

全国展開しているのは、
ダスキン : 代理店システム
おそうじ本舗 : フランチャイズシステム
だけです。

代理店システム、フランチャイズシステム、言い換えれば、他の会社や個人事業主に丸投げということです。いくら本部が管理といっても、別会社ですよ。本当にサービスレベルが保たれると思いますか?

「軽作業」は決して「楽で簡単な作業」ではない

40代50代でもできる軽作業!清掃業の求人を見て、これならできると思ったあなた。確かに人間関係は楽でしょう。特に、賃貸物件の退去後の空室清掃などは、朝から夜までたったひとりで作業ができます。

本当にその作業に見合った報酬なのか、よく確かめるようにしてください。楽そうだからと、安易に飛びついてはいけませんよ。

そして、その会社の将来性もよく見てください。現場の作業は、実際にキャッシュを生み出している大事な部署です。それが、エラい人や営業部からは下に見られているような会社では、これから先は厳しいでしょう。

現場と管理部や営業部が、対等な関係を保てているかどうか、が見るべきポイントですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました