元FC本部の人間が語る フランチャイズ加盟の裏側 転職先と勘違いしている人は間違いなく失敗する

escapism 40代の転職の情報収集~情報を制するものがすべてを制する~

フランチャイズ加盟で失敗するタイプ

お掃除のフランチャイズ本部にいた経験から

※ここでいうフランチャイズは、技術を身につけて、個人事業でやるタイプのものです。※

私が新卒で入社したのは、 清掃業界の会社でした。そこで20年以上の経験があり、その後、清掃業のフランチャイズの本部の会社にもいたことがあります。

現場の清掃作業から、内勤での受注窓口、クレーム対応のコールセンター、フランチャイズ加盟の営業もしたことがあります。

ここでは、その経験からお話したいと思います。

「独立」は「転職先」のひとつではない

生き方を変えたい、自分の働き方を考え直したい、その結果独立を目指す人。業界を決め、具体的なやり方の計画も立て、資金繰りも検討した結果、個人での独立では勝算が低いので、フランチャイズ加盟を考える。

こういった、自分が独立するための方法のひとつとしてFC加盟を選ぶ方なら、かなりの確率で成功すると思います。

そうではなく、独立して自由な生活ができる、月100万以上の売上も可能、(あくまで「売上」です。)などどいう甘言に夢を見て、フランチャイズ加盟を、転職先のひとつとして考えているような人は、間違いなく失敗します

はっきり言います。ほとんどのFC本部は、加盟金で成り立っています。なので、フランチャイズを転職先のひとつとして考えているような、甘い人間を取って喰うわけです。

その失敗は、転職の失敗の比ではありません。借金を抱えることになりますので。ですが、フランチャイズ加盟の資料請求や、説明会に来る人は、ほとんどが後者のパターンです。

フランチャイズ募集も「広告」

いいところを強調しているのは、求人広告の募集要項と同じです。違うところは、専属の営業マンがいて、ゴリゴリ押してくるところなわけです。惑わされてしまうのもわかります。

ですが、たった数百万の加盟金で、独立して自由な生活!これだけ稼げる!なんて真に受けではダメです。

フランチャイズ本部は、詐欺師なわけではありません。広告に対して、来るものは拒まない。それだけです。あたり前です、営利を目的とした企業ですから。

あなたは、 独立することの現実を本気で試算していますか?それには、収益があがるようになるまでの生活費も含まれていますか? 保険や税金もきっちり計算していますか?

ハッキリ言いますが、転職先がない、採用されないような方が、逃げ道のように、個人事業でやるようなフランチャイズに加盟しても、成功はしませんよ。

フランチャイズ本部の本音 数字の現実

加盟店からの、月々数万円のロイヤリティだけで、FC本部が会社を存続するには、どのくらいの加盟者が必要だと思いますか? 数百件程度の加盟では全然足りません。計算してみれば、簡単にわかることです。

加盟金は数百万ですから、それが本命です。人生を掛けて、夢見る中高年の貯金や退職金を狙っているわけです。

もちろん、そのフランチャイズに加盟し、そのノウハウで成功する人もいます。ですので、フランチャイズ自体が悪いとは思っていません。ただ、考えが甘い人の方が多く、FC本部もそれを視野に戦略を立て、収益の柱にしているわけです。

言葉は悪いかもしれませんが、貧乏で後がない人をターゲットにするという意味では、ある意味、貧困ビジネスに近いかもしれません。

フランチャイズ加盟の勧誘は一流の営業マン

FCの加盟開発も「営業」です。当然、いい部分を切り取って、誇張して見せて、勧誘します。ギリギリ嘘はついていません

それに目を輝かせて食いついてくる人たち。申し訳ありませんが、底辺からの一発逆転を狙っているような方、もしくは、楽して稼げると勘違いしている人ばかりでした。

結果、そのほとんどの人が、加盟後にが本部に恨みつらみを言ってくることになります。ですが、加盟開発営業は、契約後の方には一切会いません。契約後の窓口は強面のSVです。そういうシステムです。

私がいたのは一社だけですが、フランチャイズフェアなどで知り合った、他のFC本部の人たちには、もっともっとドライで、人を取って喰おうとしているように見える方もいました。

そのくらいの感覚で割り切れなければ、フランチャイズ本部の加盟営業はやっていられないと思います。いいスーツを着て、格好良く、颯爽として、輝かしい未来を語る。いい意味でも、悪い意味でも、「夢を売る仕事」なんです。

誰も言わない、フランチャイズの現実

もし自分が独立を考える立場だったら

フランチャイズ本部にいた経験と、その業界も長く、ある程度の知識や経験がある私の私見ではありますが、私ならこんなフランチャイズパッケージ、絶対に買いません

お掃除のように、ひとりでやるようないちばん安いフランチャイズだって、加盟金だけで数百万ですよ?他にも道具代や開業後の生活費なども合わせれば、実際は500万以上の資金はほしいところです。

ですが、フランチャイズ本部は、借り入れをしてでも加盟を勧めてきます。常套句は、「これは借金ではなく、投資です。」

ノウハウだけで500万です。当然その後の売り上げの保証はありません。「売上保証!」とうたっているFC本部もありますが、それこそ信じてはダメです。

その分ロイヤリティなどの支払いが多くなったり、保証に期限があったり、本部が儲かるようなシステムになっているのは間違いありません。それ以前に、売上保証を掲げたフランチャイズ本部が、長く続いたという話を聞いたことがありません。

売上が保証できるのなら、自社でやってます。そんなのあたりまえでしょう。できないから、ノウハウがない人に、最低限度のノウハウを売って、それを収益にしているわけです。

そんなものにお金を払うなら、その業界のどこかに就職して、ノウハウを学んだ方がよっぽどマシです。そのフランチャイズ加盟者のところでバイトしたっていいです。バイト代ももらえますし。

実は大手でも高い廃業率

フランチャイズに加盟したことで月100万超を稼げるようになり、人生を逆転した人も確かにいます。ですが、その陰には、その数十倍の数の失敗した人がいるわけです。

あのおそうじ業界超大手のフランチャイズ、○○本舗でも、開業後1年での廃業率は75%だそうですよ。

1,400の加盟を超す超大手のおそうじ○○でも、4人に3人はたった1年以内でやめているんです。さらには、その後訴訟など起こされ、揉めているフランチャイズ本部もたくさんあります。

某車のシートなどのリペア系のFC加盟者さんとお話したときのことです。ここも大手で、「自由で高収入」なんてFC募集広告が踊っているところです。

ですが、現実は、ほとんどが辞めていっているそうです。その方の同期の方たちは、みんな続いているが、それは同期みんなで情報交換をして、励ましあっているから。とのことでした。本部以上に、横の繋がりが大きいそうです。

加盟までは、本部がいいことを言うのは当然です。ですが、その後は本部に頼るだけでなんとかなるわけがないのが現実です。当然です。独立なんですから。

フランチャイズ募集も広告です。求人広告と一緒です。成功した人のいい面だけを見て、夢をみてしまっていませんか?よくよくご検討ください。

それでも独立したい人へ

情報収集、資料請求のテクニック

ここまでお読みいただき、それでも独立したいという方。綿密に事業として考えていらっしゃるんでしょう。そんなあなたなら大丈夫です。

ここで、情報の集め方について、勧誘側の経験からのアドバイスです。本当に有用なことを3つお教えします。

ひとつ目は、資料請求に関してです。

フランチャイズ情報サイトで資料請求をすると、本部から電話が掛かってきます。必ずです。FC本部は、広告掲載費用として、かなりのお金を使っています。

説明会参加者数で割れば、ひとりにつき5万円くらいでしょうか。なので、資料請求者を、なんとか説明会に誘致しようと、営業がゴリ押ししてくるわけです。

ここで面倒と考えて、電話をシカトし続けると、何回も掛かってくることになってしまいます。逆効果です。お互いに時間がもったいないです。

資料請求だけでいい、それ以上は興味がない、という場合は、「間違って請求してしまった」と一言答えてください。もう電話が来なくなります。むこうだって仕事です。無駄な時間は使いたくありませんので。

実際に、フランチャイズ情報サイトには、「まとめて資料請求」なんていう機能があり、希望していないものも含めて、いつの間にか資料請求してしまっていた、なんて人がすごく多くいました。

フランチャイズ情報サイトは、自社の優位性をアップさせるため、資料請求の実績を作るという、いやらしいテクニックを駆使しているわけです。こんなもの、応募者にも掲載した会社にも、互いにメリットがありません。

でも、これを逆手にとっておけば、気楽に資料請求ができるわけです。広く情報収集し、比較するのが重要なのは、言うまでもありません。

どのFC本部も、他のフランチャイズを検討させないよう、どこよりも先に自社の説明会へ参加させようとします。そこで、他のフランチャイズの悪い情報、デメリットを植えつけるんです。各FCごとの「つぶしテクニック」がマニュアル化されています。常套手段です。

そして、他の説明会には参加させず、視野を狭くさせておいて、自社のいい面ばかりをアピールして決断へ導くわけです。これでは相手の思うツボです。

私のいた本部では、すべてのFC募集サイトに掲載をしていましたが、そんな中で、ダントツで募集が多かったのは、フランチャイズ比較ネットです。

日本最大級のFC募集情報サイト【フランチャイズ比較ネット】

もし情報収集をしたいなら、まずはここで探してみるのが、いちばん効率がいいでしょう。圧倒的に情報が多いです。

「廃業率は?」核心を突く質問を

そしてふたつ目、フランチャイズ本部の人と話をする機会があったら、ぜひこの質問をしてみてください。「廃業率はどのくらいですか?」

答えなかったり、曖昧だったり、はぐらかそうとしたなら、確実に廃業率が高いです。そして、答えたとしても、それがどういった条件で、どの期間での数値なのか、これも確かめてください。

開業後、1年以上経った現存している加盟店のみの数字だったり、開業前の数十件を含めていたりと、いい部分だけ切り取って言っている場合もあります。

他にも、「開業後の平均売上はどのくらいか?」、「黒字化するまでに何ヶ月掛かるか?」など、相手が言いたくないであろうことを予測して、聞いてみるんです。

こういった質問を適当に答えるような本部と、いい付き合いをしていけると思いますか?独立とはいえ、やはりひとりだけでやっていけるわけではありません。

FC本部とは、長い付き合いになります。こういった質問にも、正直に答えてくれる。対等な関係で、事業の成功に向け、こちらの立場で、一緒に、本気で考えてくれる本部なのか、しっかり見極めてください。

先輩フランチャイズオーナーに会うこと

そして3つ目、これがいちばん現実を知る近道でしょう。

実際にそのフランチャイズで独立している方に、話を聞くことです。

「独立」という意味をちゃんと理解している人ならば、こんなことは当然やっているはずです。ですが、それをやらずに、資料やネットの情報だけで決断してしまっている方の、いかに多いことか。

サラリーマンじゃないですからね。「独立」です。個人事業とはいえ、「オーナー」、「社長」ですからね。これくらいのことをするのは当然ですよ。

「フランチャイズ」自体がリスキーなことを肝に銘じる

繰り返し言いますが、フランチャイズの本部なんて、本当に素晴らしいノウハウなら、自分でやってます

それでうまく稼げていないから、ノウハウを人に教えることで、儲けようとしているわけです。

これは、大前提として、持っておいてください。「フランチャイズ」というシステム自体が、加盟者には、大きなリスクがあるものなんです。

フランチャイズ募集も、「広告」でしかないですからね。「未経験でもOK」なんて、いいことしか書いてありません。当然です。

フランチャイズ加盟は、転職ではないですからね。契約をしてしまえば、あとはすべて自己責任です。転職先がなかったり、逃げ道のような感覚の方は間違いなく失敗します。

検討されている方は、本気で、今後の自分の生き方や、リアルな生活を考えてくださいね。


コメント

タイトルとURLをコピーしました