夕方や土曜でもやっている ハローワークプラザ大宮への行き方

helloworkplaza-omiya 40代の転職の情報収集~情報を制するものがすべてを制する~

仕事しながら転職活動をするなら、「ハローワークプラザ」へ

土曜や夕方遅くまでやっているのがありがたい

ハローワークを利用してみようと思っても、土日にはやってないし、夕方閉まるのも異常に早い、これが原因で、利用していない方も多いのではないでしょうか。

前回、ハローワーク大宮を紹介する記事を書きましたが、ここは夕方17:15には閉まってしまいますし、土日はやっていません。さらに、駅から遠い上、駐車場もわかりづらく、満車のことも多いです。

でも大丈夫。そんなときはハローワークプラザ大宮へ行けばいいんです。ハローワークプラザなら、夕方や土曜にやっていることもあるんです。

営業時間を比較すると、
ハローワーク大宮    平日 8時30分〜17時15分
ハローワークプラザ大宮 月・水・金曜 9時00分〜17時00分
        火・木曜  9時00分〜19時00分
       第1・第3土曜 10時00分〜17時00分

これなら土日休みの方でも、就業しながら行くことができますね。

ハローワークとの違いは?ハローワークプラザでは、できないことも

ただ、ハローワークプラザでできないこともあるのに注意してください。

違いを一言で説明すると、「ハローワークプラザ」は「ハローワーク」の簡易版です。

ほぼ同じことができますが、一部できないことがあります。失業後の給付金など、雇用保険関係の手続き、職業訓練の申し込み、これはハローワークプラザではできませんので、ハローワークにいくしかありません。

ですが、これだけですので、普通に職探しをするだけなら、なにも問題ないわけです。職探しだけなら、断然ハローワークプラザ大宮をおすすめします。

ハローワークプラザ大宮へ行ってみた

駅近で便利、ハローワークプラザ大宮への行き方

ハローワークプラザ大宮は、大宮駅からたったの徒歩5分、西口を出て、駅前の通りをまっすぐいくだけです。

まず住所ですが、
〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1丁目9-4
電話番号  048-658-1145

大宮駅の西口は、駅を出ると2Fのまま歩道が続いていますので、どこが駅からまっすぐの道なのか、迷うかもしれません。はじめての方向けに説明していきますね。

まず、大宮駅を降りると、どこから出ても、真ん中の大きなコンコースに出ます。(埼京線の秘密の抜け密、ルミネ口だけは別ですが。)

omiya-concourse

ここを西口方面へ進んでいきます。

omiya-westexit

外に出ると、こんな感じです。右のビルが「アルシェ」、真ん中奥が「大宮ソニックシティ」、左が「そごう」です。

ゆうすと
ゆうすと

余談ですが、一服したいという方は、写真の右に進み、「DOM」のビルの前、もしくは正面の階段を下りて「アルシェ」の前に、喫煙所がありますよ。

ここを「そごう」目指して歩いていきます

to-sogo

そごうの前まで来たら、そごうの正面入口の右側の通路をさらに進んでいきます。

sogo-entrance

右手にソニックシティビルを見ながら、とくかく真っすぐに、つきあたるまで歩きます

walk-straight

つきあたったら、左手の階段で下へ。右へ行くと、道路の反対側、ソニックシティのほうへ行ってしまいます。

end-passage

この階段を下ります。

staircase

階段を下りきって、振り向いたのが↓この写真です。

under-stairs

「止まれ」を左手に進めば、もうすぐそこです。左に見える、新生銀行のビルの、もうひとつ向こうのビルです。

building

「エクセレント大宮」このビルの4Fです。

excellent-omiya

施設もキレイ、キッズスペースもうれしい

ハローワークプラザ大宮は、ハローワーク大宮より、新しくてキレイです。

helloworkplaza-omiya

私はどちらにも何回か行っていますが、ハローワーク大宮は常に混んでいて、ハローワークプラザ大宮は空いているイメージがあります。

私が以前土曜日にいったときは、まったく待ち時間がありませんでした。 (数回の訪問ですので、その限りではないとは思います。)

さらに、キッズスペースもあるので、子供連れでも安心です。私も土曜日に、当時低学年の子供を連れて行ったこともあります。

ビデオを見ておとなしくしてくれ、職員さんも、見てくれているので本当に安心でした。(写真で紹介したかったのですが、施設内部の写真撮影は断られてしまいました。)

ハローワークを有効に活用を

今おすすめのサービスを聞いてみた

内部の写真撮影は、断られてしまいましたが、ハローワークプラザのお姉さん(?)には、丁寧に質問に答えていただきました。

ゆうすと
ゆうすと

突然の訪問で、不躾なお願いながら、 丁寧に教えていただきました。ありがとうございました。

資料もたくさんいただきましたw あれもこれもと、次々に持ってきてくれてました。

hellowork-document

アピールしたいことを聞いてみたところ、このチラシのサービスがおすすめとのことです。

helloword-flyer

②~④のサービスは、なんと個別で支援してもらえるそうです。当然無料です。

ひとりでの転職活動は、暗くネガティブになりがちなもの、相談できる人がいるとすごく心強いです。

しかも②の埼玉わかものハローワークは、概ね45歳未満までOKですからね。そうです。45歳だってまだ若いんです。「わかもの」です。

しかも、「概ね」ですから、だいたいでいいんです。1~2歳、いや3~4歳の差があったって、概ね45歳です。遠慮なく活用させていただきましょう。

ハローワークは、なぜブラック企業ばかりと言われるのか

ハローワークの評判を見ると、酷いものですよね。すべての求人がブラック企業のようにいうサイトまである始末です。

確かに、掲載が無料ですので、資金力のない中小企業の求人が、数多く集まるわけです。資金がない=儲かっていない、わけですから、ブラック企業の比率は確かに低くはないでしょう。企業も2極化してますし、中小企業≒ブラック企業とも言えますし。

それにしたって、ハローワークは酷く言われすぎだと思います。人は自分を映す鏡、なんてよく言いますが、酷く言われるのは、自身の状況を投影しているだけなのでは?と感じます。

そりゃあハローワークを使っている方たちは、苦労されているんだと思います。でも、そういった方たちへの受け皿になっているのが「ハローワーク」なわけでしょう。

酷い口コミを見ていると、転職活動がうまくいかないことに苛立った自己中な老害が、ストレス発散のために書き込んでいるように感じるのは私だけでしょうか。

そんな暇があるなら、数多くの求人を見て、自分の目で調べるといった、前向きなことに時間を使えばいいのにといつも思います。

ちなみに、「ハローワークさんって、ネットで酷い言われ様ですよね。見たことありますか?」、ハローワークプラザのお姉さんに、本当に不躾ながら聞いてみました。見たことはあるそうですが、コメントはいただけませんでした。ただただ、苦笑しておられました。

求人という「広告」を、見極めるのは自分の問題

だったら大手転職サイトなら、ブラック企業の比率が低いのかと言えば、決してそんなことはありませんからね。大手のサイトになればなるほど、美辞麗句や広告のテクニックなど、お金が掛かっている分、そこに紛れているブラック企業がわからなくなり、やっかいなくらいです。

つまりは、求人が「ハローワーク」だろうが、「大手転職サイト」だろうが、結局は、「出す側」の問題なんです。

どんな手段で情報を集めようが、「ブラック企業」は存在します。それを見極めるのは、自分しかない、それだけのことです。

人のせいにするのは楽ですけどね。ちゃんと冷静にとらえて、自分の目で調べれば、ブラックかどうかはわかるものですよ。

関連記事もどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました