40代の転職は自分というピースがはまる会社を探す長い旅

Jigsawpuzzle 40代の転職の現実~持っておくべき基本的な心構え~

はじめに ~40代後半で転職を決意したあなたに

45歳、人生ではじめての転職

新卒から23年同じ会社に勤め、45歳ではじめての転職を決意しました。

自分なりにスキルや経験に自信もありました。そして、2ヶ月少しの活動で、すんなりと転職先が決まりました。

ちょっと転職サイトに登録しただけで、わんさか届く「応募しませんか?」や、オファーの数々。転職先なんていくらでもあるし、簡単に入れる。そのときは本気でそう思っていました。

ですが、実際に入社してみると、そこでは過酷な現実が待っていました。

はじめての転職で、これ以上履歴書を汚したくないと、1年続けましたが結局さらなる転職を決断。未来のない超絶ブラック企業にしがみつくことに、なにも意味がないことを悟るのに1年もかかってしまいました。

そして、2回目の転職で、またしてもブラック企業に。。。

転職の決断の前に、もう少し情報収集を

もしあなたが転職を考えているなら、もう少し待ってみませんか?

転職しない方がいい、と言っているわけではありません。「今すぐに辞めたい」。早くこんな会社から抜け出したい、楽になりたい。 その気持ちすごくわかります。

私もそうでした。毎朝の満員電車、家に帰ればすでに寝ている家族、無能な上司、不条理な指示、理不尽な命令、無駄な会議、時間つぶしの残業、好き嫌い人事・・・。過酷な労働環境に、これから業績が上がる見込みもなく、当然給料が上がることもない、努力が報われない未来が見えてしまっている現状。

わかります。すごくわかります。あなたのその状況、私も経験しました。今思い返しても、あの頃を思い出して、胃がキリキリと痛みます。

でも、でも。もうちょっと辛抱して、もう少し情報収集してみませんか?

実際に転職をして、失敗した経験から

今すぐにでも今の会社と縁を切りたい。転職したい。その気持ちはわかりますが、それ以上に酷い、ブラック企業にはいってしまっては、元も子もありません。

40代も後半です。やる気だけでなんとかなる年齢ではありません。悲しいことですが、体力も、気力も衰えていっていることを、日に日に実感するのが現実です。

私が転職活動で犯してしまった、様々な失敗や間違い、現実を甘くみてしまっていた部分、陥ってしまいがちな考え方、そして、入社してしまった2社の超絶ブラック企業。

ここでは、みなさんが、同じような失敗をすることがないよう、私が2年弱で3回の転職をした実体験のすべてを、包み隠さずお話していきたいと思います。

1年後に転職するくらいの気持ちで

まずは、あせらず、地道に、情報収集

求人の情報だけで、本当にその会社を理解できると思いますか?
本当に募集要項通りの待遇になると思っていませんか?
数回の面接で、本当にあなたを理解してもらえると思いますか?

実際に転職をしてみないと、わからないことがたくさんあります

言葉や文章だけでは伝えることのできない、体験してみないとわからないことが数多くあること、これは、みなさんも経験からわかると思います。これは転職活動も同じです。

これが20代から30代なら、せめて40代前半だったら、違ったんだろうとも強く思います。10歳、いや5歳刻みで、厳しさが急激に増すのが現実です。この年齢での転職は、それを踏まえて活動していかなくてはなりません。

だからといって焦ってはいけません。転職活動をはじめてから、1年後に転職するくらいの気持ちでいていただければと思います。

どっちがいい?仕事を続けながら転職活動 きっぱり辞めて転職活動

これを悩んでいる方もいらっしゃると思います。みなさんの状況次第だとは思いますが、40代後半の転職ならば、就業しながら活動することを強くオススメします。

もう決意が固く、本腰をいれて探すなら、辞めてしまうのもひとつだとは思います。正直、働きながらの転職活動は、時間的にも、体力、気力といった面からも、かなりキツイです。いい成果を出したいならば、それは辞めたあとのほうが、いいに決まっています。

ですが、精神的なプレッシャーや、収入がなくなるという大きなデメリット、そして最大の懸念は、40代後半の転職の厳しさを理解していない。これです。私もそうでした。そして失敗しました。

転職を考えることは誰でもあることで、実際に転職をすることは悪いことではありません。ですが、考えが甘かったことで、失敗されている方がすごく多いのが、私たちの年代の現実です。

数か月くらいの活動では、わからないことが多い

ちょっと転職サイトを見てみたり、といった、数か月程度の情報収集では、まだまだわからないこと、見えていないことがたくさんあります。

あなたの応募しようとしているその求人、また3ヵ月後に同じものがでているかもしれませんよ

複数の転職サイトの求人を毎日チェックする。ハローワークにも行ってみる。気になる募集には、その会社を見に行ってみる。電話をしてみる。働いている人に話を聞いてみる。経験として、何社も応募をしてみる。何回も面接を受けてみる。

できる情報収集はたくさんあります。

クチコミサイトを見てみてください。ほとんどの会社がブラックのような言われ方をしています。

隣の芝は青く見えるものです。まず、しっかり情報収集をし、実際に応募をしてみて、手ごたえを実感してから、本格的に考えてみたって遅くはありません。

そんなこと言っても、この年齢なら急がなくては、それはそうですが、転職に失敗して、また転職することになっては元も子もないでしょう。もっと莫大な時間と労力が無駄になることとなってしまいますよ。

2ヶ月の転職活動ですんなり決まった会社は

私は45歳ではじめて転職をしました。ちょっと何社かの大手転職サイトに登録しただけで、山のような情報が押し寄せました。

その中から、いいなと思う数社に応募したら、簡単に書類選考を通過し、さらに面接でも、ぜひ今すぐにでも来てほしいとの社長からの言葉。

給料やボーナス、待遇など、条件は申し分のない求人広告でした。ですが、実際に入ってみたら、そこはこれ以上ないくらいのブラック企業でした。

募集要項は嘘だらけでした。はじめての転職で転職の知識のない人間を、あとがない40代を、狙いうちしている、罠のような求人があります。人の人生なんて、なんとも思わない悪徳経営者は存在します。

こういった求人広告には、数ヶ月くらいの転職活動では、なかなか気づくことができません。それくらい巧妙な嘘、魅力的な美辞麗句を並べた求人があるんです。

こんなブラック企業を回避するためには、時間を掛けて、じっくりと情報収集をすること。そしてできる限り、自分の目で確かめること、これを強く強くオススメします

本命の前に、練習として面接を受けてみる

情報収集の基礎として、40代後半での転職活動の「現実」を体感することが重要です。私たちのような年代を、歓迎なんてあるわけないじゃないですか。それを痛感しておくんです。

特に、面接は慣れも必要です。なので本命の前に、どこでもいいので、何社か面接を受けてみるんです。

私もいろいろなサイトで調べ、想定される回答を準備していましたが、実際の面接では、想定通りには進まないものです。転職サイトのマニュアルなどによく書かれていたことが、「これは違うんじゃ?」と思うことも少なからずありました。

雰囲気も様々です。固いところもあれば、フランクなところも。必ず聞かれると思っていた「転職理由」も、細かく時系列まで突っ込んで聞かれるところもあれば、ほとんど触れられないこともありました。

どんなに事細かく詳細に書いたとしても、文字の情報では伝えきれないことがあります。あれだけ、いろいろと思い悩んでいたことが、面接を受けてみるだけで、感覚として一気に理解できることがあるんです。そんなものです。

これは時間も掛かり、体力も気力も必要ですが、ここはあせらず経験を積むと考えて、本命の前にいくつか数をこなしてください

40代の転職をネガティブに捉えない

本音は若い人材を採用したい

もう一度、ハッキリ言いますが、わざわざ年齢が高い人材を入れたい会社はありません。 同じ能力なら、若い方がいいに決まっています。そりゃそうです。当然です。

なのに、 「40代活躍中!」なんて文言が募集要項にあることがありますよね。これを見てホッとしたりしていませんか?真に受けてはいけませんよ。

それは、40代が活躍しているのでなく、その年代以上しかいないんです

本当に求められているものなのか?しょうがなくそういう年代だけの会社なのか?しっかりと見極めることが必要です。

40代後半を逆手にとった求人も

かと思えば、私たちの年代でも、大歓迎の求人もあります。

人脈で数件契約を取ってきてくれれば元が取れる、といった業界。または、40代以上でないと、応募してもらえないような求人。不動産、タクシー、人材派遣、倉庫業、清掃作業員、などなど。

「あなたでも大丈夫!」といった心強い文言が書いてあったり、入社祝い金があったり。

ちょっと待ってください。簡単に入れそうなところを選ぶのはまだ早いです。いうまでもありませんが、こういった求人は、使い捨ての底辺職の可能性が異様に高いですよ。

40代歓迎の求人はない≠あなたが求められていない

40代以上を歓迎していない。それだけのことです。それは、一般的な年齢でのイメージだけの話です。

あなたの能力が、求めている人材に一致していれば、まったく問題がないわけです。 あなたを歓迎していないということではありません。

先ほどの、使い捨てのような40代に向けた求人。そういったところでも、入れればそれでいいですか?

楽な単純作業、でも将来性はかけらもない、そんな底辺職に落ちるのは簡単です。でも、それはまだまだ先のことでしょう?。まだ40代ですよ。もっと欲張るくらいでいいです。最初から逃げの考えでは、いい結果になりませんよ。

自分というピースがはまる転職先は存在する

相当にスキルがあり、入社後「売上」を確実に作れるくらいの人材なら、待遇をアップさせる転職も可能でしょう。

ですが、大いなる中間の役職を続けてきて、能力も人望もある。なんでも屋のように社に尽くしてきた、縁の下の力持ち。そんな方には、悲しいことに、なかなか良い転職先がないのが現実です。

ですが、自分というピースが、ぴったりはまる職場は存在する。と私は思っています。

実際に私は、3回目の転職で、今の職場に恵まれました。 1社目よりは下ですが、2社目、3社目よりは給料も高く、土日休み、残業なしのホワイト企業です。

なぜこんなホワイト企業に入社ができたかというと、これは募集の見方や、転職のコツがわかってきたことが大きかったと実感しています。年齢が高くなっての転職にもかかわらず、年収アップに成功しました。

ただ、それに巡り合うまでには、長い時間が必要かもしれません

辞めることが目的のような、逃げの転職で、すぐに決まったとしても、いい結果とはならないですよ。

時間が掛かるのを覚悟してください。じっくりと自分と向き合い、冷静に自分の価値を図ってください。そして、求人は疑ってみるくらいでいきましょう。募集を吟味し、自分の目でしっかり確かめてください。

「今に辞めてやる」を活力に、より自分を活かせる場、他の誰とも違う、「自分」という「ピース」がぴったりとはまる場所を見つけてください。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました