リクナビNEXTに偽名で登録して、情報だけ活用する方法

desk-work 40代の転職の情報収集~情報を制するものがすべてを制する~

情報漏洩のリスクをもっと考えるべき

思っている以上に「個人情報」は知られている

リクルートキャリアが、就活生の内定辞退率を企業に販売していた問題が、ニュースになっていますね。

元々情報の漏洩は、100%防ぐことは難しいですが、今回は、企業が意図して、「販売」をしていた、という部分に大変な懸念を抱かざるを得ません。

しかも、「リクルート」ですよ。いくつも登録していた方も多いんじゃないでしょうか。

バイトを探すとき、「フロムエー」や「タウンワーク」を使いませんでしたか?新卒での就職のときは「リクナビ」使いましたよね?そして今、転職活動で「リクネビNEXT」に登録しようか考えてるんですね?

すべてをつなげてビッグデータとして活用しているのは間違いないでしょう。そして囲い込みます。今は情報を持っているところが勝ちますから。

婚活で「ゼクシィ」、住まい探しで「SUUMO」、車は「カーセンサー」、資格を考えて「ケイコとマナブ」、お子さんは「スタディサプリ」使ってるんですか?「ホットペッパー」や「じゃらん」もよく見てるんですね?

もうそれ、収入から、趣味嗜好まで、生き方すべて知られてますよ

情報漏洩に、100%の安全なんてない

「どうしてもバレたくないなら、リクナビNEXTが安心」、「一部上場企業だから大丈夫」、なんて本気で言ってるサイトもありますが、真に受けないでくださいね。

どれだけ能天気なのかと心配になります。もしくは、閲覧者を本気で騙そうとしているかでしょうね。(まずは後者でしょうが・・。)

セキュリティーなんて、日進月歩で、攻防のいたちごっこです。100%なんてあり得ません。攻撃するのが面倒になるくらい、お金を掛けて強固にして、どれだけ100%に近づけるか、でしかありません。(私も、今の会社のセキュリティは、予算に合わせたものにせざるを得ませんでした。)

内部の人間が関与すれば、まず防ぎようがありません。上場企業なんていったって、やっているのは「ひとりの人間」です。本気で持ち出そうとすれば、なんとでもなります。

だから、「就活セクハラ」なんて問題も起こるわけでしょう。可愛い娘の名前と電話番号を、記憶して持ち出すなんて、どうしようもないじゃないですか。

今の会社に知られたくない

転職活動をしているのを、今の会社に知られたくない。これは、そんなに心配する必要はないでしょう。

当然、100%なんてものは、ありえませんが、応募をしなければ、個人情報が企業へ公開されることはありませんし、特定の会社をブロックする機能もあります。

それ以前に、一生一社のみに勤める、なんてありえない状況になっているんですから、これからの時代、転職するなんてあたりまえなわけです。転職サイトに登録しているくらい、会社は気にもしないと思いますよ。

情報収集のため、登録している。と堂々と言ったっていいと思います。実際に、営業をやっている方なら、どういう業種の求人が多いのか、どの業界が伸びているのか、有用な情報ですし。

私も、次の会社が決まっても、いくつかの登録は継続し続けています。(メールがうざいところや、ブラック企業だらけの役に立たないものは解約しました。)

今の会社になにか言われたことはありませんよ。

偽名で登録して、リクナビNEXTを活用する方法

偽名での登録は可能?応募は?

リクナビNEXTへの登録は、身分証明書などの提示は必要ありません。ですので、登録自体は、偽名でも問題なくできます。名前に限らず、住所なども、どうとでもできます。

利用に関しても、情報を見ることには、なにも問題がありません。「応募しませんか?」なども普通に届きます。

さすがに応募はできません。履歴書などが、偽名ということになると、経歴詐称になってしまいますから。こうなると違った問題になってしまいます。最悪、入社後、解雇もあり得ます。

どうしても、リクナビNEXTから応募したければ、しょうがないので登録するしかありません。面倒ではありますが、コピペすれば、大した手間ではありません。

こんな些細なことを、大きなデメリットのように表現しているサイトもありますが、偽名でのデメリットは、「応募ができない」くらいしかありません

リクナビNEXTから応募しなければいい

「応募ができない」のは致命的と思われるかもしれません。

ですが、それならば、リクナビNEXTから、応募しなければいいんです。

情報収集のひとつとして活用して、応募は、その会社のホームページからすればいいんです。

ホームページに、採用についての掲載がなくたって構いません。募集してるのは事実なんですから、電話して「御社に興味があるのですが、求人はありますか?」、聞けばいいだけです。

どうしてもリクナビNEXTのフォームからと言われたときは、あきらめるしかありませんが、大手企業が大量の採用をする場合や、最初の選別を外注化しているなど、転職エージェント会社に一任しているケースはありますが、稀な話でしょう。

普通の企業は喜ぶと思いますよ。だって、お金を払わなくてすむんですから。

悪い例ではありますが、私が2社目に勤めていた、悪徳経営者のブラック企業では、リクナビで応募した人を、助成金のために、ハローワーク経由に変えさせることまでしていましたよ。

直接応募するなら、事前の準備が大事

転職サイトなら、事前にサイトに登録した内容を見てもらい、1次選考になりますので、「応募する」ボタンを押すだけで完了です。

ですが、直接応募はそうはいきません。1次選考がどうなるのか、採用担当の方に聞くこととなります。まずは、履歴書と職務経歴書の提出でしょう。封筒の宛名の書き方や、添え状なども必要になります。

私は、郵送してください、と言われましたが、近い会社だったこともあったので、雰囲気を見るのも兼ね、その会社のポストに入れに行きました。

さらに、その企業をしっかり「研究」することも必要ですよ。だって、直接応募するくらい熱意があるんですから、なぜその会社なのか、しっかりした志望動機があるはずでしょう。

これはとても大事ですよ。採用担当者に、「よく調べてあるな」、「だから我が社を希望しているんだな」、と納得させるくらいのものを作りこんでください。

情報を「使われる」のではなく、「使う」側へ

転職サイトも「広告」、収益事業であることを肝に銘じておく

昨今のマスコミの偏向報道は、目に余るものを感じますが、大手転職サイトだって同じです。

企業の活動ですから、利益を追求するわけです。そのためには、スポンサーのために、誘導するような情報を発信したり、ひいては、今回の事件ようなことが起こるわけです。

そしてもうひとつ、転職に関するサイトで、最後は必ず「リクナビNEXT」への登録を促すサイト、これも「広告」です。本当に多いですよね。ウンザリします。いいことと、出しても問題ない程度の悪いことしか書いてありません。

「無料」なんて言葉、簡単に信用しないでくださいね。あなたの「個人情報」は価値があるものなんですから。「無料」で提供してしまっているのは、私たちの方なんです。

こちらの情報を「使われる」だけでなく、こちらも、向こうの情報を読み解いて、うまく「使う」ようにしてください。

関連記事もどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました